.

車での事故があった状態で己が被害者であっても、事故を起こした人がミスをちっとも認めないことはかなり聞くことがあります。例として、意図的に起こしたかったのではなく少し他のことに気がいったことで乗っていた車を追突された場合などにそういう水掛け論になる状況があるのです。かといって事故現場で自動車だけの交通事故して片付けられ何ヶ月か後に異常が出た時に病院の診断書類を警察署に提出するということは対処が遅れる感じはしょうがなくなります。それならば交通事故の過失割合の確定にはどんな判断基準が設けられているのでしょうか。正しく言いますと警察署が決めるのは主として車の事故の責任が認識されるのはどちらのドライバーかということであり、「過失割合」ではないのです。その上、最終的に決められた事故責任者が警察から明らかにされる事は事態はないです。よって、割合は本人たちの協議の結果で決定されたそれが賠償のベースになる訳です。この場合に、互いが自動車任意保険に加入していなかった場合にはお互いが直接的に相談をせざるを得ません。当然の事ながらこういうやり方では、短絡的なやり合いになる状況が存在します。この上、互いの言い分に差があれば万が一の場合、係争にまでもつれ込みますが、これでは年月とコスト甚大な負担は避けられません。これにより多くの状況で、それぞれのドライバーに付く保険の会社、このように互いの自動車の保険会社に調整を委ねるやり方を活用して、どちらに何割過失があるのかを決めさせます。その時には、自動車保険の会社はそれまでの車の事故の訴訟の結論から計算した判断基準、判例集などを元に推測と話し合いを交えて過失の割合がどうなのかを算定します。と言っても、車の事故においては、巻き込まれてしまったのか他者を巻き込んでしまったのかによらず第1に110番するのが鉄則です。その後、自動車の保険の会社に連絡を取り、その後のやり取りを任せるのが手順となります。そのやり方さえ分かっていれば、両方の無益な協議となる場合を回避できるに違いないのです。

Copyright (c) 2000 www.twitdone.xyz All Rights Reserved.